ぎっくり腰

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 定期的にギックリ腰を繰り返している
  • 整形外科に通院していたが、湿布だけで痛みが引かない
  • くしゃみや車の振動が、腰に響いて辛い
  • 再発が怖くて、常に腰を気にかけている
  • コルセット・痛み止めが手放せない
  • 同じ姿勢が続いた後の動き出しで、腰に痛みが出る
  • 屈んだり・反ったりすると痛みがある


       そのお悩み、影山鍼灸整骨院が解決します!

医師やプロスポーツ選手も当院の施術を推薦!

医師からの推薦

プロゴルファー松本浩選手からの推薦

 

ぎっくり腰の症状についての説明

 

ぎっくり腰とは、重いものを持ったり、体を捻った時に、腰周辺の関節を捻挫して筋肉・靱帯を損傷している状態です。

症状は、軽度の場合は、動作時の痛みだけになります。しかし、重度の場合は、まず痛めた瞬間から、もしくは時間と共に痛みを強く感じます。そして、動作時はもちろん、安静時にも痛みが強く、生活に支障をきたします。

また、症状の重症度は、痛みの強さが目安になります。といのも、痛みが強いという事は、それだけ腰周囲の関節が大きくズレているため炎症反応が強く出ており、治療期間に大きく影響してきます。

急性期の痛みを、いかに早く抑えることができるかが、その後の治療期間に影響してきます。

 

当院で多く見られるぎっくり腰の原因

 

当院で多く見られる「ぎっくり腰」の原因は2つあります。

1 柔軟性の低下 

特に多いのが、お尻から足にかけての筋肉(ハムストリングス・大殿筋など)が硬くなっているパターンです。こうなると、前に屈んだ時には、これらの筋肉の硬さにより、骨盤が強く後ろに引っ張られます。そうすると、逆に骨盤を起こそうと背中の筋肉が負けないよう頑張って引っ張り上げるため、瞬間的に腰周辺に強い負荷がかかります。その結果、筋肉が付着している腰・骨盤の関節がズレることで筋肉・靱帯が損傷して痛みが出ます。

2 内臓からの影響

特に多いのが、普段の食事(内容、量、食べる時間など)により腸に負担がかかることで、腸の下にある腸腰筋・腰方形筋が硬くなって起きるパターンです。こうなると、これらの筋肉は腰の骨に付いているため、関節の動きが低下します。その状態で、腰に負担をかかる動作をとると、関節が動きにくい中で筋肉で無理に関節を動かそうとします。その時に、関節がズレることで筋肉・靱帯が損傷して痛みが出ます。

 

ぎっくり腰を改善するための「考え方」

 

一般的な病院・整骨院やマッサージ店では、「ぎっくり腰」に対しては、患部周辺の筋肉へマッサージ・低周波・超音波などの機械治療だけや、飲み薬や湿布といった対処療法だけという施術が非常に多いです。

しかし、ぎっくり腰は患部周辺の硬くなっている筋肉だけを揉んで緩めたり、機械を当てれば良いというわけではありません。

まず、ぎっくり腰を解消するためには、患部だけを局所的に見るのではなく、体を全体的に見る事が重要になります。というのも、痛みの原因により必ず【骨格の歪み】が起きていますが、歪みは患部だけでなめには、く、体全体に起きるからです。

あくまでも症状とは、全体的な骨格のバランスが崩れた結果、一番負担のかかっている所(患部)で痛みや痺れとして感じているだけなのです。

そして、症状の原因につながる【骨格の歪み】をみつけたら、なぜ骨格が歪んだのか背景まで考えていきます。

ただ一回の治療では背景までは分からない事もありますので、治療毎に生活背景をヒアリングして、本当の意味での根本の原因となる生活背景での問題を導き出していきます。(※生活背景とは、普段の姿勢、身体の使い方、食生活など)

ここまでしなければ、一時的には良くなるけどすぐに戻ってしまう、なかなか良くならない、また再発してしまうと言った事が起きるのです。

当院では、患者様への初回の「問診・検査」だけでなく「治療毎のヒアリング」にも力を入れているのは、本当の意味での根本治療を行うためだからです。

 

当院におけるぎっくり腰の「改善方法」

 

「ぎっくり腰」の場合は、①患部への機械治療、②症状の原因に対して治療・指導、③原因につながる骨格の歪みに対して治療、④根本の原因となる生活背景の問題点に対して治療、指導という方法で行います。

  • 患部への機械治療とは

ぎっくり腰の場合、患部が炎症を起こしています。この場合は、機械治療により損傷個所の炎症をどれだけ早く抑えることが出来るかが今後の治療期間に重要になります。症状が酷い場合は、機械治療をお勧めしています。

  • 症状の原因に対して治療・指導とは

もし柔軟性が低下しているのであれば、骨格の歪みにより一時的に柔軟性が低下しているのか、それとも長期間、柔軟性が低下していた事で筋肉そのものが縮んでしまっているかを見極める必要があります。そのうえで、歪みの修正なのか、筋肉の元の長さに戻すような治療なのかを選択して行い、正常な身体の機能を回復させます。

  • 原因につながる骨格の歪みに対して治療とは

解剖学的に正しい【位置】に関節を誘導して歪みを整えていきます。ぎっくり腰では、関節がズレて歪んだままにしていると、身体はおかしいと感じるために免疫機能が働いて、炎症反応を起こして修復しようとします。

炎症反応が起き続けると、痛みの出る物質が生成されるため、痛みがなかなか治まりません。

そのため、まずは関節のズレを正しい位置に戻して、炎症反応を抑える事が重要になります。そうすると徐々に炎症反応が改善し、痛みも治まってきます。

また急性期は炎症反応が強いため、優しい力で関節(骨)を動かしていきます。少しずつ回復してきましたら、動作時でも関節が正しい位置で動かせるように、関節を実際に動かしながらも治療していきます。

  • 根本の原因となる生活背景の問題点に対して治療、指導とは

生活背景に【姿勢不良】や【食生活の乱れ】などの問題があれば、そこから「筋肉・関節・神経・筋膜・皮膚・内臓・経絡」のどこに影響が強く出ているのかを見極めて、治療をしていきます。ただ、筋肉だけ関節だけといった一箇所だけに問題がある事は少なく、各々が相関関係にあるため複合的に治療をする必要があります。

また、治療だけでなく自宅や仕事での姿勢や、普段の食事・栄養などに対しても指導していきます。

 

「根本治療」に重要な要素、そして「健康」への考え方

上記4つ全て根本治療には必要になりますが、その中でもっとも重要なのは根本の原因となる生活背景の問題点に対しての指導になります。

というのも、例えば、患者様が治療を受けて歪みが少し改善したとします。しかし、普段の食生活が乱れていると、食事内容の影響で炎症反応が強くなります。(※油もの、アルコール、菓子パンなど)

そうなると、どれだけ素晴らしい治療を受けたとしても、次の治療までに、炎症が治まらないだけでなく、歪みも戻ってしまうため、ぎっくり腰の辛い症状がなかなか良くなりません。

ですので、背景にある食生活の乱れを改善するために、普段の食事内容をどうすれば良いかの指導が、根本から改善するためには重要になります。

 

実際に、【ぎっくり腰】なら下記の指導を行います。

  • 腰の負担を減らす荷物の持ち方、股関節の使い方などの身体操作                
  • 腸の炎症を引き起こす食材、そして対策などの指導
  • 痛くても出来て、少し楽になる自宅でのセルフケア方法

などです。

 

そして、施術中には生活背景の問題を予防するための5つのポイント①施術(手技、機械)②パフォーマンス(身体操作、運動)③食事・栄養(質、量、時間)④リカバリー(睡眠、ストレッチなどのセルフケア)⑤マインド(考え方、思考のクセ)についてもお話します。

5つのポイントは、背景の問題を予防するだけでなく、もっと根幹にある【健康】においても重要な5大要素にもなるため、お伝えしています。

当院では、症状の改善はもちろん、本当の意味での根本治療、そして、その先にある【より健康な状態】=【パフォーマンスアップ】まで導くことをお約束します。

 

腰痛の患者様の声

 

先生方が親切に体のケアしてくださいます!

来院のきっかけは、腰痛ぎっくり腰でした。

今までいろんな整骨院に行きましたが、一時的には治っていましたが、再び腰痛になっていました。

教えて頂いたストレッチを行い、ストレッチポールを使用、先生のアドバイスを受け今では、腰痛も治ってきました。

日々のストレッチは重要だと感じました。

先生方も親切に体のケアしてくださいます。

悩まされていた腰痛が治ったことで、今後は運動も取り入れ腰痛にならないように頑張ります。

 

 

 

 

 

早く治りとても感謝しています!

事で荷物を運搬していた時にギックリ腰と似た症状になり、まともに歩く事が出来なくなりましたが、突発的な治療にも対応してくれてなぜそうなったのかも、模型等を使ってわかりやすく説明してくれ的確な治療を即座にしてくれました。

アフターケアなども教えてくれて早く治りとても感謝しています。

スタッフさんも気軽に喋りやすく親切で親身になって治療してくださるのでオススメです。

 

 

 

すっかり痛みも抑えられ、違和感なくプレーできています!

私は、バレーボールのスパイクで腰を痛めました。

何をするにも痛くて、ボール拾いでさえろくにできませんでした。

多くの接骨院、整体院に行き、鍼などの施術をしましたが一向に良くならず、影山さんに行くことになりました。

先生はなぜ私が腰を痛めたのか、どうやって治していくのか、私自身の体の状態がどうなっているかをわかりやすく説明して下さりとても親切に対応して下さいました。

ここでの施術は電気を当てるなどのことではなく、体の硬さや関節を緩めるといったもので、すっかり痛みも抑えられ、いまでは何の違和感もなくプレーできています。

 

受診後は調子が良いです!

 

約15年前に、左臀部を強打し、腰痛の寛解と増悪を繰り返していました。

同じ姿勢が続いたり、下にある物を取ろうとした時に、ぎっくり腰のような強い痛みが起こり、約1年前から通院しています。

元々気にしていた姿勢の悪さから、問題となっている腰痛や肩の痛みまで、ていねいに説明して頂きながら治療してもらっています。

受診後は調子が良く、姿勢に対する意識や、ストレッチの大切さなども徐々にではありますが身につき、大変感謝しております。

 

 

ストレッチも教えて頂き、自分でも腰痛の改善ができるようになりました!

けやきの代表の樋口さんに紹介して頂きました。

飲食店で働いてまして、腰痛に悩まされていました。

立ち仕事で腰に負担がかかり、ギックリ腰をしてしまい辛い状態でした。

森脇先生に腰の治療と腰痛の原因を教えて頂きました。

 

その後、腰痛も良くなり、ストレッチを教えて頂き、自分で腰痛の改善できるようになりました。

 

 

 

 

 

 

心まで癒され通わせて頂いています!

会社の人に教えてもらった所は、8時まで、土曜日は昼までなど通院するのも難しいことでしたが、ここへ来て通院できる時間も増え、1回1回治って行く事が的確な治療とどうなって痛みが出来るかなどわかりやすい説明で、以前通っていた接骨院(5件ほど)などくらべものにならない程早いものでした。

病院と言う暗いイメージもなく、子供から年配者、クラブ帰りの中高生と幅広い人達が通いとにかくスタッフの人達が毎回明るく接してくれるので、楽しく心まで癒され通わせて頂いています。

いつも治療と癒しをありがとうです。

 

 

 

 

 

 

ストレッチの効果もあってか、腰痛はなくなりました!

日常的に腰痛があり、ぎっくり腰になると1~2日起き上がる事が出来なくなる様な状態でした。

そんな時にHPで影山鍼灸整骨院の事を知り、通院を始めました。

まずは腰痛の原因とメカニズムを丁寧に教えていただいて、それに沿った施術をストレッチ法を指導してもらいました。

 

 

ストレッチを続けた効果もあってか、現在は腰痛もなく体全体のケアを行っていただいています。

院内の雰囲気はいつも明るく、スタッフの皆さんもれなく親切です。

通院を楽しめる良い場所だと思います。