ヘルニア

こんなことでお悩みではありませんか?

辛いヘルニアの症状で悩む女性

  • 何もしていなくても、腰から下肢にかけて痛み・痺れがある
  • 病院で手術を勧められたが、手術は避けたい
  • コルセットや痛み止めが手放せない
  • 長い時間座っていると、腰から足にかけて鈍痛がある
  • 重いものを持つのが怖い
  • 長時間立っているとお尻から太ももにかけて痛み・痺れがある
  • 病院や整骨院に通っていたが、改善しない

そのお悩み、影山鍼灸整骨院が解決します!

医師やプロスポーツ選手も当院の施術を推薦!

医師からの推薦

プロゴルファー松本浩選手からの推薦

バレエ団体のプロからの推薦

 

辛いヘルニアの症状についての説明

ヘルニアとは、腰椎と言われる骨と骨の間にある【椎間板】にストレスがかかることで、椎間板の中にある【髄核】が飛び出し、「神経」を圧迫している状態です。

※例えるなら、「あんぱん」が【椎間板】、「あんこ」が【髄核】になります。「あんぱん」を上から押すと「あんこ」が飛び出してきますよね。そして、この飛び出した「あんこ」が近くにある「神経」を圧迫するイメージです。

症状としては、腰痛だけでなく、腰から下肢(足)にかけての痛み・痺れなどがあります。

背中を反るような動きや寝方によっては、症状が緩和しますが、前かがみや背中をまるめたりする動作では、逆に症状が強くなることが多いです。

また、酷くなると排便や排尿障害が起きるため、病院での精査が必要になります。

 

当院で多く見られるヘルニアの原因

当院でよくみられるヘルニアの原因

当院で多く見られる「ヘルニア」の原因は2つあります。

1 柔軟性の低下 

特に多いのが、ハムストリングスや大殿筋と言われるお尻の筋肉が硬くなっているパターンです。こうなると、骨盤は後ろに倒れるため(後傾)、背中も後ろに引っ張られて丸くなります。そうすると、構造上の問題から、椎間板に圧縮のストレスがかかるため、髄核が押し出されて「神経」を圧迫することで痛みが出てきます。

2 筋力の弱さ

特に多いのが、腰にある背骨を周囲から支えてくれるインナーマッスルが弱くなっているパターンです。(腹横筋・腸腰筋など)こうなると、安静時だけでなく動作時にも、腰にある背骨が安定しないので、骨と骨の間にある椎間板にはストレスがかかります。

特に「前にかがむ動作」は、インナーマッスルがしっかり働かなければ、必要以上に腰が曲がってしまい、椎間板の前方の圧がより高くなり、髄核が後方に押し出されて「神経」を圧迫することで痛みが出ます。

 

ヘルニアを改善するための「考え方」

一般的な病院・整骨院やマッサージ店では、「ヘルニア」に対しては、腰やお尻周辺の筋肉へマッサージ・低周波・超音波などの機械治療だけという施術が非常に多いです。

しかし、ヘルニアは患部周辺の硬くなっている筋肉だけを揉んで緩めたり、機械を当てれば良いというわけではありません。

まずへルニアを解消するためには、患部だけを局所的に見るのではなく、体を全体的に見る事が重要になります。というのも、痛みの原因により必ず【骨格の歪み】が起きていますが、歪みは患部だけでなく、体全体に起きるからです。

あくまでも症状とは、全体的な骨格のバランスが崩れた結果、一番負担のかかっている所(患部)で痛みや痺れとして感じているだけなのです。

そして、症状の原因につながる【骨格の歪み】をみつけたら、なぜ骨格が歪んだのか背景まで考えていきます。

ただ一回の治療では背景までは分からない事もありますので、治療毎に生活背景をヒアリングして、本当の意味での根本の原因となる生活背景での問題を導き出していきます。(※生活背景とは、普段の姿勢、身体の使い方、食事など)

ここまでしなければ、一時的には良くなるけどすぐに戻ってしまう、なかなか良くならない、また再発してしまうと言った事が起きるのです。

当院では、患者様への初回の「問診・検査」だけでなく「治療毎のヒアリング」にも力を入れているのは、本当の意味での根本治療を行うためだからです。

 

当院のおけるヘルニアの「改善方法」

当院では症状を根本的に改善します

「ヘルニア」の場合は、①患部への機械治療、②症状の原因に対して治療・指導、③原因につながる骨格の歪みに対して治療、④根本の原因となる生活背景の問題点に対して治療、指導という方法で行います。

  • 患部への機械治療とは

「ヘルニア」の場合は腰周辺の筋肉が硬くなることで、その下にある椎間板の内圧が上昇することで痛みが出ています。この場合は、機械治療で表層だけでなく深層の筋肉まで緩めることが有効になります。状態にもよりますが、急性期は2次的な痛みで悪化させないように機械治療をお勧めします。

  • 症状の原因に対して治療・指導とは

もし柔軟性が低下しているのであれば、一時的な骨格の歪みが問題で筋肉が伸びにくいのか、それとも長期間、骨格が歪んでいたことで筋肉そのものが縮んでしまっているかを見極める必要があります。そのうえで、治療なのかストレッチなのかを選択して行い、正常な身体の機能を回復させます。

  • 原因につながる骨格の歪みに対して治療とは

腰椎椎間板ヘルニアで多く見られる骨盤の歪みを解剖学的に正しい【位置】に誘導して歪みを整えていきます。決して強い力で行うのではなく、優しい力で関節(骨)を動かしていきます。そして椎間板へのストレスを軽減させていきます。また、動作時でも関節が正しい位置で動かせるように、関節を実際に動かしながらも治療していきます。

  • 根本の原因となる生活背景の問題点に対して治療、指導とは

生活背景に【姿勢不良】や【身体の使い方】などの問題があれば、そこから「筋肉・関節・神経・筋膜・皮膚・内臓・経絡」のどこに影響が強く出ているのかを見極めて、治療をしていきます。ただ、筋肉だけ関節だけといった一箇所だけに問題がある事は少なく、各々が相関関係にあるため複合的に治療をする必要があります。

また、治療だけでなく自宅や仕事での姿勢や、普段の食事・栄養などに対しても指導していきます。

 

「根本治療」に重要な要素、そして「健康」への考え方

ヘルニアの改善によって健康的な生活を送りましょう

上記4つ全て根本治療には必要になりますが、その中でもっとも重要なのは根本の原因となる生活背景の問題点に対しての指導になります。

というのも、例えば、患者様が週の初めに治療を受けて姿勢が少し改善したとします。しかし、平日の座り仕事で、今までと同じように崩れた姿勢で行っていると、次の治療時には前回と同じような姿勢に戻ってしまっているのです。

これでは、結局は椎間板に過度な負担がかかるために痛みが出てしまいます。

そのため、背景にある姿勢不良を改善するために治療以外の時間をどう過ごすのかの指導が、根本から改善するためには重要になります。

実際に、【ヘルニア】なら下記の指導を行います。

  • 椎間板の負担を減らす座り方                              
  • 姿勢を改善するためのストレッチ
  • 腰椎の負担を減らすための腹圧トレーニング

などです。

そして、施術中には生活背景の問題を予防するための5つのポイント①施術(手技、機械)②パフォーマンス(身体操作、運動)③食事・栄養(質、量、時間)④リカバリー(睡眠、ストレッチなどのセルフケア)⑤マインド(考え方、思考のクセ)についてもお話します。

5つのポイントは、背景の問題を予防するだけでなく、もっと根幹にある【健康】においても重要な5大要素にもなるため、お伝えしています。

当院では、症状の改善はもちろん、本当の意味での根本治療、そして、その先にある【より健康な状態】=【パフォーマンスアップ】まで導くことをお約束します。

 

ヘルニアの患者様の声

 

大好きなバレーボールを続けられて嬉しいです!

週1・2回でやっているバレーボールで腰を痛めてしまい、ひどい時には立って靴下をはく事も、しゃがむ事もできないくらいでした。

病院を転々としましたが、痛み止め薬をもらったり、「手術しないとダメですね・・・」と言われたり、まだ小さい子どもがいる私にとってすごく不安な気持ちになっていました。

そんな中、当院を知り、通院してみると、まず自分の今の状態・痛みの原因・治療法など優しく、丁寧に教えてくれて、自分にあった施術をしてくれるので安心したし、なにより痛みも軽減してきました。

問診、体の状態を確認してから施術していただけるのですごく的確で終わった後の体の軽さ、柔軟さにびっくりしています。

そして、大好きなバレーボールを続けれている事がうれしいです。

 

 

 

 

 

悩まされていたヘルニアの症状が和らいできています!

数年間、椎間板ヘルニアに悩まされてきましたが、影山鍼灸整骨院さんに通うようになって痛みが和らぐだけでなく、今後の生活または食事や姿勢についてまでアドバイスをいただき、かなり楽になりました。

今まで健康について考えた事がありませんでしたが、これからは健康について意識を高めていこうと思いますので、また相談にのって下さい。