西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

今回は皆さんも一度は聞いたことがある【五十肩】・【変形性股関節症】の原因についてです。

 

ただ今回は「若年型」に絞った特徴をお話します。

 

一般的には【五十肩】や【変形性股関節症】は50歳前後で発症すると言われています。

 

1028291-1

 

しかし、当院には30代~40代前半と若くして発症した方が来院される事があるんです。

 

そして、若年型に見られる特徴としては【過度な糖質過多、低たんぱく質】になっている傾向が

強いんです!!(※かなり甘いものも好きな傾向)

 

これがどう症状につながるのかの理由をお話する前に簡単に肩・股関節のお話をさせて下さい。

(^^)/

 

【肩関節】・【股関節】は球関節と言われ360度どの方向にも動くので他の関節よりも良く動く

特徴があります。

 

BGFRkXCrElvSeXY1602377775_1602377799

 

という事は、普段から良く動いているので本来なら固まりにくい関節です。

 

また、多くの方は学生時代や20代前半くらいまでは体を動かす機会も多くあると思います。

 

それ以降は動かす頻度が減って、固まったとしても若年期に発症したとしても固まっている期間は

短いので程度が軽いはずです。

 

しかし若年型で来院される方はおもいのほか重度な方が多いのです。

 

そこで一つの疑問が生まれました。

 

「固まりにくいはずの球関節が単純に運動不足でここまで若年期に固まるのか?」

 

そこで他にも何か原因があるのでは考えたので問診や治療中にヒアリングしていくとある共通点が

あったのです。

 

それが、過度な糖質過多、低たんぱく質なんです!!

 

 

 

1941322

 

そうなると「糖化」が起きることで問題が起きます。

 

糖化が起きると血液が滞る事で、関節が固まってくるだけでなく炎症物質が作られる事で痛みも出

てくるのです。

 

最近では、コロナの影響による外出自粛で

・運動不足⇒血液の流れが滞りやすくなったこと

・座っている時間が増えた⇒姿勢不良の時間も長くなったこと

・外に出れない⇒自律神経が乱れやすくなったこと

などがあります。

 

718951

上記の要素の影響もあり今まで以上に、「関節」や「筋肉」が固まりやすい状態になります。

 

その結果、以前よりも『50肩』や『変形性股関節症』の若年患者さんが増えてきているんで

す!!

 

まだ私は大丈夫と思っていても予期せぬ時代の変化で、今までの常識が通用しなくなってくる可能

性はあるんです。

 

そのため、若くても【五十肩】や【変形性股関節症】は発症すると認識して【過度な糖質過多、

低たんぱく質】の方は特に気を付ける様にして下さいね。

 

という事で、これからも様々な角度から、皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

 

 

余談ですが・・

当院では、分子栄養学の視点でも、症状をみていきます。

 

というのも「腰痛」 や 「股関節痛」「膝痛」など特に長期間、症状で悩まされている方の場合

食事内容・量・時間などが関係している事が多いからです!!

 

食事は毎日の事なので、是非気を付けてみて下さい!!

 

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP