西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

前回、血糖値を下げるホルモンについてお話しました。

 

今回はホルモンと筋肉の関係についてお話をしていきます。

 

それでは、血糖値スパイクが起きることでどの筋肉に負担がかかるかお話します。

 

それは、ズバリ『腸腰筋』になります。

 

1464773-300x225

 

というのも、膵臓は腰椎の1番2番あたりに横に伸びて付いています。

 

また、腸腰筋は胸椎12番~腰椎5番に付着しているので、腰椎1番、2番にも当然付着していま

す。

 

という事は、膵臓の状態によりその周囲にある腸腰筋などは影響を受けるのです。

 

1685504-scaled-300x225

 

また、血糖値を上げるホルモンはたくさんあると言いましたが、そのほとんどが副腎といわれる臓

器から出ています。

 

確かに、下げるホルモンは1つなので膵臓が疲弊しやすいのですが、当然上げるホルモンも1つの

臓器から多く出ていれば副腎にも負担がかかります。

 

ただ、副腎はストレス対応など他にも重要な仕事をたくさん担っているので余計に疲労しやすいの

です。

 

そして、この副腎も以前ブログでもご紹介しましたが胸椎12番、腰椎1番辺りに付いています。

 

更に、腸腰筋は胸椎12番~腰椎5番まで付いているので膵臓、同様に影響を受けてしまうのです。

 

ここでは、腸腰筋の重要性は何度も伝えているので詳しくは割愛しますが、スポーツにおいてもメ

ンタル面にも影響する腸腰筋にも負担がかかれば、当然パフォーマンスに影響してくるのです。

 

また、これらの臓器や筋肉が集まっている所が「腰」なのです。

 

腰とは、漢字で「月」「要=かなめ」と書くのでパフォーマンス、そして生命の要となる所なの

で昔の人は腰が重要な事を知っていたんですね。((+_+))

 

117817-1-300x300

 

 

ここで、少し難しくなってきたので一度整理しますね。

 

食後の血糖値スパイクによる眠気は【低血糖】によるものです。

 

616074-296x300

 

そして血糖値スパイクを繰り返すと、血糖値を下げるホルモン「膵臓」がだんだん疲労してインス

リンが出なくなるので【高血糖】になり「糖尿病」になります。

 

今度は、血糖値を上げるホルモンは「副腎」がメインなので、下がった血糖値を上げる事ばかりが

増えて、頑張り過ぎると【副腎疲労】になります。

 

それでは、血糖値スパイクを起こさないための対策は3つ

 

① 糖質などを食べ過ぎない

② 食べる順番

③ 自律神経と整える

 

それでは、詳しく順番に見ていきましょう。

 

① 糖質を食べ過ぎない

極端に糖質を取り過ぎる事で急激に血糖値が上昇します。

 

1941322-300x217

 

そうすると、血糖値を下げる大量の【インスリン】が必要になります。

 

また、インスリンの分泌が追いつかないと一時的な高血糖になります。

 

これが血液検査でない【食後高血糖】になります。

 

このように、急激な上昇、一時的に血糖値が高くなると反動で低血糖になり、眠気につながるので

す。

 

② 食べる順番

食事の最初に、血糖値の上がりやすい炭水化物などの糖質を食べると、血糖値が一気に上がりま

す。

 

食べる順番は、まず野菜からお肉や魚、ご飯と言った順番で食べる事で急激な血糖上昇を防ぐこと

が出来ます。

 

また、しっかり咀嚼かけることで消化酵素も分泌されやすくるだけでなく、早食いによる血糖値の

上昇を抑えることで眠気を防げるのです。

 

③自律神経を整える

睡眠不足やストレスなどにより自律神経が乱れると、内臓の働きは低下します。

 

そうなると、本来分泌される消化酵素やホルモンの働きが低下して、血糖値の上昇につながりま

す。

 

睡眠時間の確保や、朝の散歩などにより自律神経を整えることでも眠気は防げます。

 

それでは、長期に渡ってなぜ【食後の眠気】をテーマにお話してきましたか理由をお伝えします。

 

その理由は、【食後の眠気】が当院に来院される「腰痛」や「肩こり」の患者さんの原因に大きく

関係しているからです。

 

というのも、膵臓や副腎に負担がかかると臓器のある腰の筋肉は負担がかかります。

 

以前、別のページで腸腰筋に影響が出やすいとお話しましたが、背中側の筋肉にも影響が出るので

す。

 

いわゆる背筋(脊柱起立筋など)です。

 

そして、腰椎の1番2番辺りが緊張するのでいわゆる反り腰気味になり、背中の筋肉が硬くなってい

きます。

 

また、反り腰気味になると今度は胸椎と言われる背中の上の方が丸くなります。

 

更には、頭部は前方に偏位するので肩こりを感じやすい姿勢が出来上がるのです。

(いわゆる前弯・後弯タイプ)

 

このように、内臓などの臓器が原因で姿勢が崩れる事がよくあるのです。

 

092122-300x225

 

なかなか内臓が問題と言われてもピンとこないと思います。

 

しかし、内臓をマッサージ的な事をして循環を良くしてあげるだけでも、症状が変化すると言った

事がよくあります。

 

という事で長編に渡ってお伝えしてきました【食後の眠気】ですが、実は臓器に負担がかかってお

り、それが原因で「腰痛」や「肩こり」などの不調につながりパフォーマンスに影響しますよ、と

いうお話でした。

 

 

これからも様々な角度から皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP