西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

今回のブログでは副腎が疲労する原因についてもう少し細かく見ていきましょう。

 

それでは、なぜ副腎が疲労していくかと言いますと一番の原因は『ストレス』です。

 

604642-300x225

 

なぜなら、このストレスを取り除かなければ副腎はストレスに対抗するためのホルモン「コルチゾ

ール」を分泌し続けるので、副腎は疲労していくからです。

 

ここでいうストレスとは精神的なストレスはもちろん、肉体的なストレスもあります。

 

また持病感染症食生活の変化気温の変化などが含まれます。

 

また、自身でストレスと感じていなくても、食べたものが未消化になれば腸の炎症が起きます。

 

そうすると身体からするとストレスになるので、これも副腎が疲労する原因になるのです。

 

体がシャキッとしない、元気が出ないからでカフェインを摂取するのは短期的には大丈夫です。

 

243520-300x225

 

しかし、長期的になると無理やりコルチゾールを分泌させて頑張るので、副腎には徐々に疲労がた

まっていき、慢性的な疲労そして『腰痛』にもつながってくるのです。

 

ということは、根本であるストレスを除去しないと副腎の疲労は改善されず、ますますカフェイン

を必要としてしまうのです。

 

カフェインが完全にダメなのではなく、嗜好品として摂取してほしいんです。

 

お仕事でやる気モードに入れるために、1日に何度もカフェイン摂取を繰り返しているとこれは依

存になってしまいます。

 

もちろん必要な時もありますので普段は嗜好品程度にして、大事な時には意識的にとるのは大丈夫

ですよ。

 

毎日のカフェイン摂取を控える事で、もしかすると長年の腰痛が「そう言えば、痛む頻度が減って

いるな」と言った事があるかもしれませんよ。

 

1911854-300x300

 

それでは、様々なストレスに対して副腎をケアするにあたり必要・不必要なものについてみていき

ましょう。

 

それでは副腎のケアで摂取してほしい物

 

①ビタミンB群を多めに摂取する

⇒副腎が疲労すると、ビタミンB群の消費が激しいので

 

②梅干しや天然塩で塩分を補給する

⇒コルチゾールが出なくなると、ナトリウムの再吸収が出来なくなるので

 

③ハーブや薬味を摂取する

⇒解毒効果

 

④乳酸菌などの善玉菌を摂取する

⇒腸内環境を整えて、腸の炎症を抑える

 

⑤タンパク質を多く摂取する

⇒細胞の源になるので

 

⑥良質の油を摂取する

⇒酸化ストレス、炎症物質の助長を防ぐ

 

⑦水分を多く摂取する

⇒デトックス効果で循環を良くする

 

それとは逆に出来るだけ控えて欲しい物

 

①白い食べ物を、できるだけ減らす

⇒血糖値の急激な上昇を抑える

 

②グルテン・カゼインを減らす

⇒腸の炎症を抑える

 

③遺伝子組み換え食品やトランス脂肪酸に気を付ける

⇒腸の炎症を抑える

 

④カフェイン・アルコールを減らす

⇒コルチゾールの分泌を防ぐ

 

580783-202x300

 

⑤食品添加物や化学合成物質に気を付ける

⇒炎症を抑える

 

こうやって見ると、副腎のケアで控えて欲しい物は、結構難しいと思った方も多いのではないでし

ょうか?

 

完全には、最初からは難しいと思います。

 

一つずつ試していき、どれが自分にとってマイナスになっているかわかると、自ずと摂取を控えれ

る様になりますよ。

 

腰痛の本当の原因とは実に複雑で、内臓や考え方など一見関係ないようなことが影響してくること

が多くあります。

 

今回はその一つであるカフェインから副腎へ影響して腰痛につながることのお話でした。

 

現在、コロナという過去に経験したことのない状況にあり、自分で考えているより身体はストレス

を感じやすくなっています。

 

まさに副腎への影響も大きくなっている今だからこそ、是非皆さんに知って頂きたいそして乗り越

えて欲しいという思いから書かせて頂きました。

 

231065-300x265

 

 

という事で、これからも皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP