西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

前回、オスグットの原因についてお話しました。

 

今回のブログはオスグットの解決策についてお話をしていきます。

 

それではオスグットの原因に対しての解決策3つをお話します。

 

①ハムストリングスが硬い

この場合はハムストリングスのストレッチは有効です。

 

stretch-hamstrings-the-back-of-the-thigh-towel-1024x768-1-300x225

 

ただ、このタイプの学生にハムストリングスのストレッチを行っても思うように伸びない事が多い

んです。

 

というのも、拮抗筋である大腿四頭筋が硬くなっているので、なかなか伸びないんです。

 

更には、骨盤周辺の仙腸関節、腰椎の関節までもが固まっています。

 

そうなると、関節が動かない中で筋肉だけを無理やりストレッチをすることになり、かえって反射

が起きて、硬くなるといった事があります。

 

まず取り組んで欲しいストレッチが大腿四頭筋のストレッチになります。

(※下のインスタを参考にしてください)

 

ただし、患部である四頭筋の遠位ではなく四頭筋の付け根にあたる近位に特化したストレッチを行

う事で、患部へ牽引ストレスを防ぎながら太ももの前の緊張を取ることが出来ます。

 

②足首が硬い

この場合はアキレス腱のストレッチが有効です。

ただ、このパターンも単純に足首周辺のストレッチをしても柔らかくならない方がほとんどです。

 

というのも足首も筋肉レベルだけなら良いのですが、筋肉のバンドの役割になる屈筋支帯やアキレ

ス腱部分にある滑液包といった骨に擦れない様に滑りをよくしてくれる組織まで硬くなっているか

らです。

 

まず、取り組んで欲しいストレッチは以前インスタでアップした【アキレス腱磨き】をおススメし

ます。

 

これは、マグネシウムオイルを使う方法や、皮膚を摘まんだり揺らしたりするツマミンが非常に効

果的です。

 

そうする事で、足首の柔軟性に重要な距骨の動きが良くなるからです。

 

③股関節の使い方がわからない

この場合は、そもそも股関節の位置を正しく把握していない場合がほとんどです。

 

o0296028813876651832

 

よく学生に股関節はどこか指で指して下さいとお願いすると、だいたい大転子と言われる骨盤の外

側にある骨の出っ張りを指します。

 

たまに、太ももを指す学生もいます。

 

ただ学生は、股関節の場所についての教育を受けていないので、分からなくて当然です。

 

なので、まずは場所を覚えてもらいます。

 

そして、股関節を指で触りながら股関節を曲げていく練習をします。

 

よくいうヒップヒンジ―になります。

 

この股関節から曲げる感覚がわかってくるとここでスクワット動作において、股関節から曲げる感

覚を覚えます。

 

そうすることで、ようやく実際の競技に近づいた形でトレーニングが出来るのです。

 

もちろん、ホグレルやジムマシンなど機械を使って動作を習得する方法もおススメです。

 

P4150209-scaled-300x200

 

しかし、どの様なトレーニングであっても前提条件としては股関節の位置を正しく把握している事

が効果に影響してくるので押さえるべきポイントになります。

 

という事で、オスグット病になる学生の特徴そして解決策についてお話してきました。

 

ここで書いた内容は、学生だけでなく一般の方でも有効な内容になります。

 

そんな訳で、膝が痛い大人の方でも意識してほしいポイントなるので、是非覚えておいて下さい

ね。

 

という事で、これからも様々な角度から皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

 

余談ですが・・・

当院では、施術は途中でどこを施術を実況する事があります。

 

というのも、施術で触られることでその場所がどこかを把握する事ができ、自分の関節が感覚的に

どの位置にあるのかがわかるようになってきます。

 

そうすると、意識的にそこを動かしたい時にあの時のあの感覚かなと分かるようになるからです。

(*^-^*)

 

下記のインスタは、オスグットの回復期に行うストレッチになります。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

影山鍼灸整骨院(@kmsnaruo0420)がシェアした投稿

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP