西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

今回は、日本人なら毎日食べている『お米』の選び方についてお話します。

 

080083-225x300

 

お米は、大きく2つに分けられます。

①【もち米】 ⇒お餅やお赤飯、おこわなどに使われるお米 

②【うるち米 】⇒普段、私たちの食べているお米

 

この2つの違いは、成分であるでんぷんの種類が違うんです。

 

【もち米】は、成分がアミロペクチンのみになります。

【うるち米】は、 成分がアミロペクチン8:アミロース2になります。

 

そして、お米の美味しさは、このアミロペクチンの比率で決まります。

 

アミロペクチンの特徴として、粘りがあり、さらに強い甘さの食感があるので美味しく感じます!

ですので、【もち米】を使うおはぎなどの和菓子は粘りも甘みも強いので美味しいですよね!!

 

逆に、【うるち米】でもアミロースが多い場合は、30代以降の世代なら、わかりやすい事例があります。

 

というのも、1993年の米不足騒動で【タイ米】を食べたことがある人も多いのではないでしょうか?

【タイ米】は【うるち米】の中でも、特にアミロースが多く、アミロペクチンが少ないので、

かなりあっさりしてパサパサしていましたよね。(当時はかなりの衝撃でしたが、アミロペクチン

の影響だったんですね。 【苦笑】)

 

ただ特徴から、カレーやチャーハンには向いているお米なんですよ。

 

Print

次は、【うるち米】をもう少し細かく見ていきましょう。

 

日本では本来、粘りや甘さが控えめな昔ながらの【うるち米】が主流でした。

 

その後、品種改良を繰り返して、最近では、【うるち米】ですが粘りや甘さが強くなり、より美味

しく感じるように作られており原種からは大きく変わった【うるち米】に変わってきたのです。

 

 

2079194-300x276

 

 

 

そして、【うるち米】をもう少し細かくみていくと2つに分けられます。

 

それが

①【低アミロース米】 ⇒ いわゆるコシヒカリなど

②【高アミロース米】 ⇒ 品数が少ないササニシキなど

になります。

 

thumbnail_image0-1-300x300

 

分かりやすく言うと

アミロペクチンとアミロースの割合が違うんです!!

 

低アミロース米は、アミロースが少なく、アミロペクチンが多いので、粘性が高く、冷めても美味

しいんです。

 

ただ、粘性が高い分、胃腸の負担が大きくなります。

 

これこそが、品種改良を繰り返して、現代版にアレンジされた【うるち米】なんです!!

 

高アミロース米は、アミロースが多く、アミロペクチンが少ないので、粘性が少なくあっさりと

した食感になります。

 

また、粘性が低いので、胃腸の負担が少ないんです。

 

これは、原種に近い、いわゆる昔ながらの【うるち米】なんです!!

 

という事は、味で選択するならお弁当や味の濃い料理にはコシヒカリ系の低アミロース米がおスス

メです。

 

2089526-300x225

 

和食やお寿司などあっさりした料理にはササニシキ系の高アミロース米が良く合います。

169824-300x179

 

また、症状の改善やパフォーマンスアップを考えている方には、ササニシキ系の高アミロースをお

ススメしています。

 

理由としては、日常生活だけでなくスポーツにおいても最重要の筋肉である腸腰筋と腸の状態は

大きく関係してくるからです。

 

529166-183x300

 

腸の負担を減れば腸腰筋の働きは高まるので、腰や膝の負担を減らすことが出来ますし、競技動作

で最重要の筋肉である腸腰筋が使えるのでパフォーマンスアップが期待出来るという点で、【高ア

ミロース米】をおススメしています!!

 

今まで、パフォーマンスを意識してお米を選択すると言った事はなかったと思いますが、毎日私達

が食べるものなので、一度考えてみるのも良いかと思います。

 

という事で、これからも様々な角度から皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

 

 

余談ですが・・・

実際に、アトピーを持っている患者さんであれば、普段から腸に炎症を持っている傾向にあるため

に腸腰筋の機能低下や下部腰椎の硬さが著名にみられます。

 

そういった患者さんへ食事のアドバイスをするだけで、腰や膝などの負担が減ってパフォーマンス

がアップすることは良くあります。!(^^)!

 

 

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP