西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

今回は、三大栄養素のひとつであるタンパク質=プロテインの重要性についてです。

 

thumbnail_58C07DD0-DF03-4D30-87AC-53112D08E321-300x300

 

まず、タンパク質は英語でプロテインと言いますが、これはギリシャ語のプロテイオスが語源となっています。

 

このプロテイオスとは『もっとも大切なもの』という意味になります。

 

また、人の体の約60%は水分で、約20%はたんぱく質からできています。

(残りは、脂質が約15%・ミネラルが約5%)

 

という事は、水分を除けば、体の半分はタンパク質で構成されているんですよ!!

 

そして、体内のたんぱく質は、筋肉・内臓・皮膚・爪・毛髪などを作っています 。

 

そうなんです、あらゆる細胞の源が、実はこの『たんぱく質=プロテイン』なんです。

 

語源を考えると、昔の人達は、感覚的にそれを知っていたのかも知れませんね。

 

また、更に歴史をさかのぼると人類が誕生したのが約200万年前、当時、私達の祖先は、狩りによって動物(肉)や魚介類といった動物性タンパク質が中心の食事をしていました。

 

855620-300x300

 

そこから、人類が穀物(炭水化物)を主食とするようになるのは、農耕文化が始まったとされる約1万年前よりも後のことです。

 

そして、日本列島に稲作が本格的に伝来したのは約2800年前の縄文時代になります。

 

そう考えると、人類が誕生してから大半の期間はタンパク質が中心の食事であり、人類の成長過程においても重要だったことがお分かりいただけると思います。

 

そして、現代の私たちで考えても、当然タンパク質は重要であり、施術やトレーニングおいても密接な関係があるのです。

 

それはもし、あなたが【ぎっくり腰】で筋肉や靱帯を痛めたとしても、タンパク質を摂取していなければ、筋肉や靱帯が修復できません。

 

そうなると治療効果も思うように出ないのはイメージできますよね。

 

また、パフォーマンスをアップさせようとトレーニングに励んでも、タンパク質を摂取していなければ筋肉が発達しませんよね。

 

という感じで、「施術」においても「パフォーマンスアップ」においても『タンパク質=プロテイン』は重要だということです。

 

当院では、分子栄養学を参考に患者様へ【食事や栄養】のアドバイスもさせて頂いています!

(※西宮市内でも、分子栄養学の視点から

症状へのアドバイスをしている治療院は少ないと思います(^^)/)

 

これからの食生活で、【タンパク質】を意識してみてくださいね!! 

 

補足

写真は、プロテインをご紹介していますが胃腸が強い方は、固形物の肉や魚での摂取をおススメしています。

 

ただし、胃腸が弱い人やあまりお肉や魚は量が食べれないという方は消化の負担が少ないプロテインをおススメします。

 

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP