西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

今回は、【本物の塩】とは、どういったものなのかをお話ししていきます! 

1894119-300x212

まず、塩は大きく2つに分類され『精製塩』と『天然塩』になります。

 

そして、『精製塩』 と 『天然塩』の違いを簡単に言うと、ミネラルが豊富に含まれているか、含

まれていないかの違いがあるんです。

 

通常、スーパーなどで販売している塩は、ほとんどが『精製塩』になります。

 

【精製塩】は、ナトリウムが99%・他のミネラルは1%未満ですが、【天然塩】は、ナトリウム

だけでなくマグネシウムやカリウムと言ったミネラルもバランスよく豊富に含まれています。

 

という事は、あなたが摂取している塩には、本来、海水に含まれている豊富なミネラルがバランス

よく含まれていない可能性があります( 一一)

 

1603846-300x300

 

ではなぜ、【ナトリウムしかほぼ含まない精製塩】が普及して、【ミネラル豊富な天然塩】が用い

られないのか、それには理由があります。

 

というのも、日本ではもともと海水を集め、煮詰めて天日干しすることで塩を生産してきました。

 

ところが、戦後の経済復興に中で塩の需要が増えて、重労働でしかも大量生産が難しかった昔なが

らの塩づくりが見直され、1972年から【イオン交換膜】を用いた製塩法が採用されるようにな

ったのです。

 

この【イオン交換膜法】になったことで、製塩の時間は大幅に短縮され塩の大量生産が可能になっ

たからです。

 

しかし、海水に含まれる豊富なミネラルのうちナトリウムしか取り出せないという致命的な欠陥が

あったのです。

 

ただ当時は、ミネラルの重要性が今ほど言われていなかったので、ナトリウムが含まれてさえいれ

ば塩のしょっぱさがあり問題ないと考えられ、低コストで大量生産する事が優先されました。

 

結果、世間では昔ながらの製塩法である『天然塩』ではなく、近代的な製塩法である『精製塩』が

市場に出回る事になり、皆さんが普通にスーパーで買い物をすれば、『精製塩』を摂取することに

なるのです。

 

ただ、現在ではミネラルの重要性が見直され、更には1997年、塩の専売が廃止され、国内での

塩の製造が自由化されてから、昔ながらの製法でも塩が作られるようになり『天然塩』 が再び出回

るようになったんですよ。

 

(まだまだ市場のほとんどが精製塩ではありますが・・・(+_+))

 

コストは少し高くなりますが、健康やパフォーマンスアップを考えると絶対に、【ミネラル豊富な

天然塩=本物の塩】を選ぶ事をおススメします!!

 

 

 

それでは、次に「本物の塩=天然塩」を見分ける重要なポイントズバリ 【工程】いわゆる 【製造

方法】についてをお伝えします!(^^)!

 

1670281-300x225

 

先程、天然塩についてお話ししましたが、天然塩と呼ばれるものは成分だけでなく、【製造方法】

も違うんです。

 

天然塩を選ぶのであれば、商品の裏側に表示されている製造方法(工程)を参考に選んでくださ

い!!

 

『塩』 の製造方法は、大きく3種類に分類されます。

 

それが、①イオン交換膜・立釜②溶解③天日・平釜になります。

 

それでは1つずつ見ていきましょう!

 

①イオン交換膜は海水から塩化ナトリウムのみを抽出して、密封した立釜により熱で水分を蒸発さ

せて作るため、ナトリウム以外のミネラルが少なくなった「精製塩」になります。

【工程】 イオン膜 立釜 (商品裏側の表示)

 

②溶解は外国から輸入した天日塩を、日本の海水で溶かして、にがりを加えた「再生自然塩」にな

ります。

【工程】 溶解、平釜と表示 (商品裏側の表示)

 

③天日、平釜は日本の海水を塩田から太陽の熱と風で自然蒸発させてから、密封していない平釜で

つくっている「天然塩」になります。

【工程】 天日干し 平釜 (商品裏側の表示)

 

 

聞きなれない言葉ですが、塩の製造方法について、少し理解できましたか?

 

こうやって1つずつ見ていくと、どのように作られた塩が体に良いかイメージできますよね。

 

1033211-300x201

 

という事で、「本物の塩=天然塩」を選ぶときには、製造方法が天日干し・平釜をチョイスしてく

ださいね(^^)/

 

 

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP