西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

皆さん、暑い時期になると【熱中症対策】として水分摂取を意識している人も多いのではないでしょうか?

 

以前、他のページでpHの視点から考えても『水分補給』には『水』が最適ですよとお話しました。

 

452681-300x225

次に、pH以外の点からも、『水』をおススメする理由をお伝えします。

まず、皆さんが飲まれている飲み物はおおよそ5つに分類されます。

 

① 清涼飲料水・スポーツドリンク

② コーヒー・お茶

③ アルコール

④ 水道水

⑤ ミネラルウォーター(ウォーターサーバや市販・浄水器など)

 

そして、【水分補給】として換算されるのは⑤のミネラルウォーターだけです!!

 

その理由を理解するために、1つずづみていきましょう!

 

①の清涼飲料水やスポーツドリンクには、多くの糖が含まれています。

 

212079-300x300

 

中でも問題なのが、【液糖】と呼ばれるシロップ状の合成甘味料です。

 

よくペットボトルの成分表示に【果糖ブドウ糖液糖】・【異性化果糖】などがこれに該当します。

 

こうした液糖は摂取するとすぐに吸収されるので、一度に多量飲むと血糖値が一気に上がるリスクがあります。

 

急激に上がった血糖値は、急激に下がります。(=血糖値スパイク)

 

それに伴い、血糖値が上がると気持ちは高揚して、血糖値が下がるとガクンと気持ちが下がります。

 

血糖値が急激に下がると、また液糖が入った飲料が欲しくなり摂取すると言った負のループに入ってしまうんです!

 

そして、これを繰り返していると、血糖値をコントロールする副腎や膵臓への負担↑↑糖質過多による血流量の低下更には、精神的にも不安定になり、自分で感情のコントロールが出来にくくなるという事があります。

 

②のコーヒー・お茶には、多量のカフェインが含まれています。

 

887491-300x107

 

カフェインには覚醒作用があるので、お仕事中やトレーニング前に摂取している方も多いのではないでしょうか?

 

ただ利尿作用があるので、水分が出ていきやすくなります。

 

また、適量であればリラックス効果もあり良いのですが、ストレスがあって、カフェインで無理に体を覚醒し続ける交感神経が優位になり、自律神経がだんだんコントロール出来なくなるという事があります。

 

③のアルコールには、体内で分解するにあたって、毒性の高いアセドアルデヒドが生成されます。

 

094954-225x300

 

以前は、「酒は百薬の長」と言われていましたが、最近では「百害あって一利なし」とまで言われるようになっています。

 

アルコールを摂取すると最初は血管が拡張して血流が良くなります。(食前酒が良いと言われるのは、この作用)

 

しかし、2~3時間ほどすると、今度は、血管が収縮して血液の流れが悪くなり、体温も低下していきます。(急性アルコール中毒で体が冷たくなるのが、この状態が酷くなった時)

 

更には、アルコールの分解過程において、ビタミン・ミネラルが大量に消費してしまいます。

 

【アスリート】 や 【ボディービルダー】が、近年アルコールを控える傾向にあるのは、トレーニングをしていても筋肉の合成が妨げられるからなんですよ。

 

④の水道水には、殺菌処理をする際に塩素を使うので、有害物質が含まれてしまいます。

 

236897-300x300

 

有害物質の1つにトリハロメタンがあるのですが、発がん性のリスクが指摘されています。

日本の水道水は、消毒が義務付けられています。

 

これにより水道水は病原菌などに汚染されにくい衛生的な状態が維持されるのですが、一方で発がん性が指摘されているトリハロメタンを生成します。

 

もちろん、水道水中のトリハロメタンは健康に影響がない濃度となっていますが、「安全な水」=「健康な水」ではないので、注意が必要ですね。

 

という事で、水分補給でなぜ 『水』を選ぶべきなのか の理由を書いてきました。

 

他の飲料水を決して飲まないでと言うことではなく、水分補給としてではなく【嗜好品】として考えてみてくださいと言う事です。

 

そして、それぞれの特徴を理解したうえで、目的に応じて水分を選択・摂取できると良いですね!(^^)/

 

1169437-300x198

 

余談ですが・・・実際に、アルコールを毎晩飲まれている【腰痛患者さん】が、頻度・量を減らして、水分量を増やしてから、胸郭の硬さ(肋骨)が軽減して、結果、腰にかかる負担がへったことで、症状もそれに伴い軽減していった、という事は良くあるのですよ!(^_-)-☆

 

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP