西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

今回は、『立甲』を練習する時には○○を忘れないようにです。

 

いきなりですが、○○とはズバリトレーニングです。

 

124192

 

というのも、他のページで肩甲骨はスタビリティー(安定させたい)関節というお話をしました。

 

という事は、肩甲骨周辺が柔らかくなるのは良いのですがただ肩甲骨周辺の柔軟性を出すだけだと、かえって安定感が無くなりパフォーマンスが下がる原因になってしまうんです。

 

それを防ぐには、肩甲骨を柔らかくして動きを良くするだけでなく安定させるための筋力(肩甲骨固定筋)の強化も同時に必要になってくるんです。

 

そこで、最重要になってくるのが肩甲骨を安定させる最重要の筋肉である【前鋸筋】になります。

 

3bIZk_4Q

 

この筋肉を、もう少し細かく見ていくと上部・下部に分けれます。

 

さらには、前後にも(ようは筋肉の起始側か停止側)分けれるのです。

 

まず、『立甲』が苦手な方は、肩甲骨を下方回旋する=上部の感覚が弱い傾向にあります。

 

そして、『立甲』が出来る方でも、機能的に使えない方は、後部=停止側の感覚が弱い傾向にあります。

 

多くの方の『立甲』は、前鋸筋が遠心性(停止側よりで)でほとんど収縮しておらず、筋肉の張力を利用して、立っているパターンがほとんどです。

 

なので、一定の負荷をかけると前鋸筋が遠心性で使えないので肩甲骨がペタッとへばりつきやすいんです。

 

この様に、柔らかくなって見た目が一緒になっても、安定させれないと、実用的には使えないのです。

 

私はインスタグラムに『アスリートヨガ』と題して多くのトレーニングをアップしていますが、これは柔軟性の『柔』安定性の『剛』を両立させた『動』を目的としています。

 

分かりやすく言うと、ただ柔らかいだけでなく、ただ固めてしまうのでもなくどんな時にでも【動物】のように動けるようになりましょうと言う事です。

 

その結果、はじめてスポーツにおいて活かせるのです。

 

という事で、『立甲』を練習する時には『柔』だけでなく『剛』、そして『動』のトレーニングも忘れずに行ってくださいね。

 

と言事で、これからも様々な角度から、皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

余談ですが・・・

 

私は、『立甲』の指導をする時に、実際に手本を見せて行います。

 

というのも、口頭でどれだけ理論的に言われるよりもやはり実際に見せられると、患者さんや選手に対して説得力がありますよね(+_+)

 

特にパフォーマンスアップの分野に力を入れているスタッフは、『立甲』もかなり練習して習得してくれています(*^-^*)

 

もちろん、出来ないスタッフもいますが各々、得意・不得意がありますのでその辺りはご了承くださいね(^^)/

 

下記のインスタは、おススメの【前鋸筋トレーニング】になります!!

 

 

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP