西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

今回は、トップアスリートの条件でもある『立甲』 をする事で、かえってパフォーマンスが落ちる

場合もありますよ、といったお話です。

(立甲についての詳細は、別のページも読んでくださいね(^^)/)

 

なぜパフォーマンスが落ちるのかと言うと、自分自身がそうだったからです。(+_+)

 

『立甲』 が出来るようになり確かに肩甲骨の柔軟性はアップしました。

 

もともと肩甲骨は柔らかい方でしたが、更にスムーズに動くようにもなりました。

 

が、しかし・・・

期待していた動きとはかけ離れ明らかにバラバラに体が動いている感じになったのです。

 

その原因を理論的に理解するために皆さんにも知って頂きたい考え方があります。

 

それが  『 joint by joint 理論 』 になります。

 

人体の各関節は、

①モビリティ(動いてほしい)関節

②スタビリティ(安定してほしい)関節

に分けられます。

 

これらは、人体の関節に交互に【動いてほしい関節】 と 【安定してほしい関節】が存在するという考えです。

 

ちなみに、

①モビリティ(動いてほしい)関節⇒肩関節(他 股関節・足関節)

②スタビリティ(安定してほしい)関節⇒肩甲胸郭関節=肩甲骨(他 頸椎・腰椎)

に分類されます。

 

059927

 

という事は肩甲骨は柔らかくなるのは良いのですが安定させたい関節になります。

 

それなのに、ただただ肩甲骨周辺の柔軟性を出して緩めてしまうと安定感が無くなってしまいます。

 

それなら硬くても、安定感がある方がパフォーマンスは安定するんです!!

 

当時の私は、この考えが抜けており柔軟性を出せば、パフォーマンスがアップすると安易に考えていました。

 

213634

 

決して柔軟性=パフォーマンスアップではないのです。

 

あくまでも柔軟性は、パフォーマンスアップの一つの条件であり、柔軟性だけアップしてもパフォーマンスが下がるリスクがある事も『立甲』を通して多くの方に知って頂ければと思います。

 

という事で、今回は『立甲』が出来てもパフォーマンスが落ちる場合がありますよと言ったお話でした。。

 

これからも様々な角度から、皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

 

余談ですが・・・当院では、『立甲』の指導をする時に、理論的なポイントも伝えています。

 

それは、肩甲骨を立てに行く意識ではなく肩甲骨と上腕骨がセットで動く感覚を練習して下さいと伝えています。

 

そうしなければ、形だけ真似できても実用的でない『立甲』になりパフォーマンスが下がる可能性があるからです(+_+)

 

確かに見た目が派手だったり、面白そうだったりすると、チャレンジしてみたくなりますよね(^^♪

 

ただ、パフォーマンスが下がってしまうと、本末転倒になってしまいます。

 

ですので、当院では、身体操作を指導していますが、必ず理論的にも説明するように意識しています!(^^)!

 

下記のインスタは、『立甲』でも負荷がかかった状態でのバージョンになります!!

 

 

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP