西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

皆さんは、昼食後の急激な眠気や遅い帰宅からの夕食後に寝落ちなどはありませんか?

 

「毎日の事なので、食後の眠気は生理現象」だと考えてあまり気にしていない方が多い様に感じま

す。

 

110117

 

実際、お昼以降に仕事やスポーツでのパフォーマンスが下がる方も多いのではないでしょうか?

 

もしかすると、食後の眠気があなたのパフォーマンスを下げている可能性がありますよ。

 

というのも、食後の眠気は血糖値スパイクが原因になっている事が多いからです。

 

血糖値スパイクのお話をする前に通常の食後の血糖値について簡単に説明します。

 

通常、ご飯などの食べ物が体内に入ると血液中のブドウ糖の量が増えます。

 

そのため、血糖値が上昇します。

 

血糖値が上がると、血糖値をコントロールするために膵臓から血糖を低下させる【インスリン】と

いうホルモンが分泌されます。

 

そして、だいたい2時間で元の血糖値に戻ります。

 

1030901

 

しかし血糖値スパイクが起きる場合は通常より食後に血糖値が急激に上がります。

 

そうすると、今度は血糖値を急激に下げようと血糖値を下げる【インスリン】を大量に分泌しま

す。

 

その結果、今度は急激に血糖値が下がるので眠くなるのです。

 

では、なぜ急激に血糖値が下がると眠くなるかと言いますと・・・これは人間が血糖値が下がると

本能的に危険を感じて、省エネモードに入るからなのです。

 

そのため、血糖値が下がると【眠気】として症状が出てくるのです。

 

ただ、血糖値スパイクが起きるとジェットコースターのように血糖値が乱降下するので、身体の負

担が大きくなります。

 

特に、人間の体は血糖値を上げるホルモンはたくさんあるのに対して下げるホルモンは一つしかあ

りません。

 

それが、前回お話したインスリンになるのです。

 

1030721

 

その背景にもともと人間は血糖値を下げる必要性が少なかったからです。

 

というのも、太古の時代ではなかなかお腹いっぱいに食べ物を食べれる事がありませんでした。

 

そのため、血糖値を下げる必要性がほとんどなくむしろ飢餓から生命を守るために、血糖値を上げ

るホルモンを体内で作る必要があったたからです。

 

現代では、食料に困ると言ったことは先進国ではほとんどありません。

 

むしろ食べ過ぎているのが実情です。

 

1322358

 

そうすると血糖値の上げ下げを繰り返しているので下げるホルモンは疲れて出にくくなります。

 

この【インスリン】を分泌するが膵臓なので膵臓の機能が落ちてしまい、血糖値がコントロールを

上手にできなくなり【糖尿病】になるのです。

 

多くの方が、【糖尿病】と聞くと血液検査は問題ないので大丈夫だと考えています。

 

ただ、血液検査で問題が出てくる状態はかなり進行している状態なので、未然に防ぐ必要があるの

です。

 

そして、膵臓に負担がかかるとある筋肉にも負担になります。

 

その筋肉はと言うと・・・

 

 

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP