西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

皆さんは、足にアーチがある事をご存知ですか?

 

足のアーチとは足の裏がドーム状になっていることです。

 

土踏まずが低いとか甲が高いとか、気にしている方もいるのではないでしょうか?

 

今回は、そんな足のアーチで重要な『○○骨』に焦点をあててお話します。

 

それでは、足のアーチにおいて最重要の骨はズバリ『立方骨』になります。

 

その理由をお話する前に、まず【足のアーチ】についてお話させて下さい。

 

足のアーチは大きく3つあります。(※下の図を参照)

①縦アーチ・・・踵から母指球

②横アーチ・・・母指球から小指球

③外アーチ・・・踵から小指球

 

 

それでは、これらのアーチが崩れると、どのような足になるかと言うと

 

①縦アーチが崩れると

土踏まずがつぶれる【扁平足】(へんぺいそく)

 

②横アーチが崩れると

足の横幅が広がる【開張足】(かいちょうそく)

 

③外アーチが崩れると

かかとが外側に倒れる【回外足】(かいがいそく)

 

になります。

 

また、上記のようにアーチが崩れると、どのような問題が出てくるかと言うと

 

①【扁平足】(へんぺいそく)

土踏まずがない状態なので衝撃を吸収しづらくなります。(クッション作用)

 

歩く時には、足の筋肉伸びてしまっているので、伸張反射が使えなくなります。(バネ作用)

 

そのため、足が疲れやすくなるので長時間立つ・歩くが辛くなります。

 

そして、「足の裏」や「アキレス腱」・「ふくらはぎ」などに痛みを感じる事があります。

 

 

【開張足】(かいちょうそく)

横幅が広がるので、土踏まず同様に衝撃を吸収できなくなります。(クッション作用)

 

また重心が前方にあるために、足指のつけ根(肉キュー)あたりに力がかかります。

 

そのため、足が疲れやすいだけでなく、タコやウオノメができやすくなります。

 

そして、足の踵よりだけでなく指の方まで痛みなどが出る事があります。

 

 

【回外足】(かいがいそく)

かかとが外側に倒れているので、靴の外側がすり減ります。

 

そうなると、歩行時の片足立ちの瞬間にバランスが非常に悪くなります。(バランス作用)

 

また、重心が外に流れやすくなるので、臀部の筋肉や膝の内側に負担がかかり痛みが出ることが

あります。

 

そして、これらの3つのアーチの重要なキーになるのが『立方骨』になります。

 

それでは、なぜ立方骨が重要かと言いますと、多くの下肢の症状は、外アーチの破綻が最初に

起こっているからです。

 

 

というのも、外アーチが破綻したことで足の外側での支持が困難になります。

 

ここで注意してほしいのが「靴の外側がすり減っているので、外側でしっかり支えれているので

は・・・」と思ってしまいますが、違います。

 

これは、単純に外側に重心が流れているだけで支えているのではなく、外側に崩れている状態

だからです。

 

ここで言っているのは、外側でしっかり支えて内側に戻す力が働いているかどうかになります。

 

 

そして、外アーチの破綻で外側で支えれなくなると、縦・横アーチに負担が大きくなりいよいよ

縦・横アーチも破綻してくるからです。

 

そうなると「足底筋膜炎」「変形性膝関節症」「坐骨神経痛」など、様々な症状の原因になるの

です。

 

どうしても土踏まずの有無や横幅が広い事には意識がいくのですが、外側のアーチまでは意識がい

きにくいですよね。

 

ただ、足が壊れていいく元を辿ると外アーチの破綻にあるのです。

 

なので、アーチが完全に破綻する前に対処・修正していくことが重要になります。

 

それでは、どのように外アーチの状態をチェックしていくかと言いますと2つあります。

 

①体重がかかっていない時に小指が内巻きになっていないか確認

 

②立った時に立方骨の下に指を入れて隙間があるかどうか確認

になります。

 

①は非荷重、②は荷重でチェックします。

 

小指が内巻きになっていたり、立方骨下に指が入らなければ、外アーチは崩れています。

 

また、立方骨の触診のポイントは第五中足骨の突起のすぐ下になります。

 

小指側(外側)を踵に向けて触っていくと尖った骨があります。

 

これが第五中足骨になりますので、そのすぐ下が『立方骨』になります。

 

 

そして、解決策は大きく2つあります。

①トレーニング

②インソール

 

①のトレーニングはブログでは伝えきれないので、ごめんなさい。(+_+)

(※動画を今後上げる予定です。)

 

②のインソールは、立方骨に特化したインソールをおススメしています。

 

昔は、土踏まずの縦アーチと幅広の横アーチを意識して作ったインソールが主流でした。

 

最近では、外アーチに注目したインソールが少しずつ出始めているんですよ。(^^♪

 

そして、インソールを入れる事で外側のアーチを矯正して作ってくれるので、結果的に縦・横アー

チも形成されやすくなるんです。

 

(※入門編としてBMZはコスパ的にもおススメです)

 

という事で、これからは【外側のアーチ】でも立方骨を意識してみて下さいね。

 

 

これからも皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

 

 

足のアーチは○○骨が超重要① | 西宮の整骨院なら慢性痛スポーツ障害も最短1回で痛みを解消する影山鍼灸整骨院 (kms-naruo.com)

足のアーチは○○骨が超重要② | 西宮の整骨院なら慢性痛スポーツ障害も最短1回で痛みを解消する影山鍼灸整骨院 (kms-naruo.com)

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP