西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

皆さんは、自律神経をどのように整えていますか?

 

いろいろな方法はありますが、自律神経を整える要素の一つに心を安定させる考え方があります。

 

そして今回は、心を安定させる考え方として、おススメな『禅』の教えをご紹介します。

 

61273878b40455206751a2e78d6ac817

 

それが【八風吹けども動ぜず、天変の月】という言葉になります。

 

少し言葉の意味を簡単に説明しますね。

 

「八風」とは、自然の風ではなく、人の心の中に吹く煩悩(ぼんのう)の風を指します。

 

そして八風は、こういう風が吹いたらいいなと願う煩悩を「四順(しじゅん)」、こういう風は吹

かないでくれと願う煩悩を「四違(しい)」に分けられます。 

※煩悩とは、心身をわずらわせるような心の働きの事

 

四順

①利(りこ)  自己の利欲に執(とら)われ、自分だけはと願う心。

②誉(ほまれ) 名聞名誉に執(とら)われ、誉められたいと願う心

③称(たたえ)  人々から称賛されたいと、願う心。

④楽(たのしみ) 享楽にふけり、楽(らく)したいと願う心。

 

四違

⑤衰(おとろえ) 気力、活力の衰え、人生の衰えた姿

⑥毀(けなし)  他の人から批判され、けなされる姿。

⑦譏(そしり)  他の人から、そしられる姿。

⑧苦(くるしみ) 人生の苦難、苦境にさらされる姿。

 

そして、【八風吹けども動ぜず、天変の月】とは、こうした風に吹かれても空に浮かぶような月の

ように動じない心を持ちましょうという教えです。

 

ここで言う【動じない心】とは、決して感情を出さないという事ではありません。

 

人間であれば、誰かの話や言葉で喜んだり、怒ったり、悲しんだり、楽しんだりすることは

人間として当然です。

 

そんなふうに、他人の言葉によって、人間の心というのはいつも揺れ動くものなのです。

 

ただし、月も全く動かないわけではありません。

 

少しずつ動いて、また形も少しずつ変化して元に戻ります。

 

425ba_1507_6a56a3e3_17b402d5

 

ということは、月の様に動じない心とは感情が動いても、また元の状態に戻して心を安定させる

ことを言ってるのではないでしょうか?

 

それでは、具体的にどのようにしてこの禅の教えを取り入れるかと言いますと・・・それは、

【瞑想】です。

 

なぜなら、【瞑想】することで気持ちがリセットされ、心が安定するからです。

 

それでは、どのように瞑想するかと言いますと、静かな部屋で『座禅』を組み、目を閉じて、背筋

を伸ばします。

 

193367

 

そして重要なポイントが【呼吸】にのみ意識をするだけです。

 

最初は、呼吸に集中しようとしてもすぐに雑念が生じます。

 

この時に、八風が吹いてきて、余計な事を考えてしまいます!!

 

それでも、何度も何度も呼吸に意識を戻してください。

 

今ここに集中することが出来るようになると、人の心の中に吹く煩悩(ぼんのう)の八風に吹かれ

ても動じない心になっていきます。

 

考え方の長年のクセは、なかなか取れないので、難しいですが、根気よく続けていると、少しずつ

できる様になりますので、一度試してみて下さい。

 

と言っても、私もまだまだ修行中ですが(^^)/

 

という事で、心を安定させる考え方として『禅』の教え、そして座禅を組んで瞑想がおススメです

よというお話でした。

 

 

 

 

これからも様々な角度から、皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

 

 

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP