西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

今回のブログは【身体操作シリーズ】の股関節編になります。

 

皆さんは、下半身の力を発揮したい時股関節をどの方向に意識して使うかご存知ですか?

 

実は、股関節を〇〇方向に力を入れて使う事で驚異の力を発揮してくれるのです。

 

それでは、どの方向に股関節を使うかと言うと答えは『外旋』で使います。

 

というのも、理由があるのです。

 

以前、別のページでも記載しましたが人類の進化の過程が関係してきます。

 

人類は、魚類🐟→両生類🐸→哺乳類🏃‍♂️と進化を遂げてきました‼️。

(※H24年までは教科書には、爬虫類も含まれていましたが変更になりました)

 

この進化の中で、機能として残っているものもあります。

 

そして、人間の股関節には両生類の機能が残っているんです。

 

それでは両生類の後ろ足を見て下さい。

 

1111158

 

前足と同様に、外旋してますよね。

 

分かりにくければ両生類から進化した下の爬虫類でも大丈夫です。

 

334841

(※爬虫類は、両生類が進化したものなので大丈夫です。)

 

両生類は、そのポジションで関節が安定することを感覚的に知っているんです。

 

そして、人間の股関節を解剖学的に見てみると「靱帯」、「筋肉」ともに外旋で安定する構造にな

っているんです。

 

それでは、まず靱帯から見ていきましょう。

 

股関節には、大きな靱帯が4つあります。

 

そして、殆どの靭帯が外旋を制動してくれるのです。

 

という事は、外旋位で使うことが多いので多くの靭帯がサポートしてくれるのです。

 

1611900

 

更には、股関節の周囲には外旋方向で働く筋肉が多くあります。

 

表面の大きい筋肉は外旋作用の力が強く、深部の小さい筋肉のほとんどが外旋方向で働きます。

 

そのため、外旋方向の力が働いていると関節は安定するのです。

 

また、歩く、走る動作で考えると、パフォーマンスアップに最重要の腸腰筋が働き続けてほしいの

です。

 

845882

 

この腸腰筋ですが、屈曲作用はもちろん外旋作用もあるんですよ。

 

では、どのようにして働くかというと股関節屈曲時は、腸腰筋が収縮する事で屈曲外旋で働いてほ

しいのです。

 

そこから殿筋群などの伸張反射により股関節伸展・内旋していきます。

 

この時に、腸腰筋がブレーキとして屈曲・外旋方向に働いてほしいのです。

 

そして伸展すると、今度は腸腰筋が伸張反射によりまた屈曲・外旋していくといった流れです。

 

このように動作の中でも屈曲・伸展時に、腸腰筋がどれだけ働き続けてくれているかが重要になる

のです。

 

実際、相撲の立ち合いやバレエのターンアウトも全て外旋方向の力を上手に使っていますよね。

 

996083

 

ただ股関節の外旋であって下腿の外旋ではないですよ。

 

バレエをされている患者さんで大腿が内旋して下腿の外旋が強くターンアウトしているので、膝の

隙間が空いて悩んでいる方が多かったと言った事が良くありました。

 

これは『下腿外旋症候群』と言われるものなので股関節の外旋とは全くの別物になります。

 

また、外旋方向の力なので外旋位とはまた違うので注意が必要です。

 

見かけは外旋していても外旋方向の力が使えていない場合もあるので、専門家に見てもらう事をお

ススメします。

 

という事で、股関節は外旋方向の力を使いましょうといお話でした。

 

これからも様々な角度から皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

下記のインスタは、仙腸関節と股関節外旋(内旋も)のストレッチになります。

 

 

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP