西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

皆さんも一度は、変形性○○症と言う言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

今回は、その中でも臨床現場で非常に多い『変形性股関節症』についてです。

 

そして、あぐらで左右の高さが違う人は是非しっかり読んでいただきたい内容になります。

 

690616

 

いきなりですが、変形性股関節症は圧倒的に女性に多いんです。

 

それでは、なぜ女性に変形性股関節症が多いかと言いますと生まれ持った形状の問題があるからです。

 

どういう事かと言うと、骨盤部にある臼蓋と言われる股関節の受け皿が女性の方が生まれながらに

して浅い人が多いのです。(※臼蓋形成不全と言います)

 

そうなると、股関節がしっかりはまっていない状態なので関節が不安定になりやすいんです。

 

 

そして、筋肉で不安定性を補おうとするので筋肉に負担がかかり、硬くなっていきます。

 

その結果、その筋肉の中を通る神経・血管を圧迫してしまい痛みが出るのです。

 

更には、関節の適合性が良くないまま使い続けると関節の特定個所に負担が集中してしまうのでそ

こから変形していくのです。

 

これだけでも、変形性股関節症の十分な要因になるのですが、まだまだあるんです(+_+)

 

それでは、他の原因に何があるかと言いますと、まず臓器の重さに違いあります。

 

というのも、女性の場合は骨盤内に子宮や卵巣などがあるので男性よりも臓器が多いので重くなる

のです。

 

1386194

 

そのため、股関節により重みがかかってくるのです。

 

次に、男性と女性は骨盤の形状が違うことも関係してきます。

 

男性は横幅が狭くハート型で女性は横幅が広く卵型になります。

 

これは、女性の場合は骨盤内に存在する臓器の種類が多い事と、出産をスムーズに行うために幅広

に設計されています。

 

1201143

 

ただ、ワイドな骨盤になるという事は股関節面がより外に張り出します。

 

という事は、普通に足を中央に寄せると股関節は男性と比べ、内転と内旋がきつくなります。

 

そうなると関節の適合性が上がるのですが靭帯や深部の筋肉が機能しにくいので関節部分に過度に

負担がかかります。

 

更には男性の場合、骨盤底には肛門が1つだけですが女性の場合、骨盤底には肛門以外に尿道、膣

3つも穴があるのです。

 

そうなると、女性の方が骨盤底筋群も複雑な構造になります。

 

なので、骨盤底筋群を意識して鍛えないと緩みやすいんです。

 

2088517

 

また、出産をした人は、出産時に伸びきってしまいもっと緩んでいるのです。

 

病院で、産後の骨盤トレーニングを指導するのはそのためなのです。

 

そして女性ならではの美意識からも影響します。

 

というのも、椅子に座っていても足を広げて座る人は少なく閉じていると思います。

 

2202696

 

そうすると股関節を内転内旋位に固める原因になります。

 

また、地べたに座る時も、あぐらをかく人は少なく、崩して座る横座りをしている方が多いです。

 

933324

 

この場合は、片側がより内転・内旋しているので片側だけが固まります。

 

また、お姉さん座りは両側が内転・内旋になります。

 

933317

 

このように内転、内旋位になると関節の適合性だけで考えると良いのですが、股関節を靱帯や深部

の筋肉で支えていないので特定の箇所だけに負担がかかってしまうのです。

 

そして、あぐら(胡坐)は外転・外旋と言われるポジションになるので、正反対の動きになりま

す。

 

なので変形性股関節症のリスクをチェックする方法としてあぐらは非常に参考になります。

 

現在、あぐらがかきにくい、または片側だけが可動域が狭くなっている場合が、要注意です。

 

症状が進行してくると、あぐらをかけなくなり痛みも出始めるので、その前段階で改善しましょ

う。

 

690616

 

今後のブログで、解決策のポイントについてお伝えしていきますので、その際はチェックしてみて

下さいね。

 

という事で、これからも皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

 

余談ですが・・・

今回は、変形性股関節症がなぜ女性に多いのかを解説してきました。

 

実際の臨床でも20代~30代と若くても胡坐がかきにくいという患者さんを多く見てきましたので

年齢に関係なく女性は注意して下さいね。

 

また以前のブログに変形性股関節症の原因に食事からの影響もあると書いていますので、気になる

方は是非チェックしてみて下さい。

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP