西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

最近は、夜になると気温もかなり下がり、いよいよ冬到来といった感じでしょうか。

 

皆さんの中には、冬になると手先・足先が冷えて困ると言った方も多いのではないでしょうか?

 

529854

 

そんな寒い時期の【冷え性】対策に、心強いセルフケアアイテムがあります。

 

それが『ホットパック』になります。

 

ただ、このホットパックも実は2種類あるんです。

 

①乾熱タイプ

・ホームセンターなどにあるジェル状のタイプ

・値段はかなり安い

・手軽に使える

 

②湿熱タイプ

・整形外科などでお湯の中に付けているタイプ

・値段は比較的に高い

・手間がかかり大変

 

そして、一般的に広まっているものは、①の乾熱タイプです。

 

実際に、患者さんでも女性の方では、ホットパックを持っている人が多くいらっしゃいます。

 

しかし、どちらのタイプか確認すると、ほぼ全員が、①の乾熱タイプであるジェル状のホットパッ

クを使用しています。

 

1571915

 

特徴だけで考えると、多くの方が使用されている【乾熱】の方が良いです。

 

ただ、効果で考えると、【湿熱】タイプの方が良いんです。

 

というのも、深部まで温まるからです。

 

なぜかと言うと、湿熱の方が熱を深部まで伝えやすい特徴があるからです。

 

これは、水分を多く含んでいる方が体に熱が加わりやすく、表面だけでなく深部まで時間をかけて

熱を伝えてくれるからです。

 

例えば、凍えるような寒い日に、外で焚火の「火」にあたると直ぐに熱くなり、じっとしていられ

ませんよね。(乾熱)

 

逆に、お風呂や温泉なら少々熱くても長く浸かれますよね。(湿熱)

 

193349

 

そして、上がった後もポカポカと温かさが持続して、身体の「芯」まで温もった感じがすると思い

ます。

 

つまり、湿熱の方が時間はかかりますが、体の深部まで温めてくれるという事なんです。

 

ここまで、湿熱タイプのホットパックがおススメなのはわかったけど、上記のデメリットが・・・

と言う人も多いと思います。

 

そこで、湿熱タイプのホットパックのデメリットを解決してくれるアイテムとは『医療用の湿熱ホ

ットパック』なんです。

 

1571911

 

ちなみ、当院では医療用の湿熱ホットパックを使用していました。

 

残念なことに現在コロナ感染予防のために他の患者さんとの接触を防ぐ必要があり使用は中止して

います。

(※現在、こういった経緯もあり、患者んさんには販売しています(^^)/)

 

それでは、医療用の湿熱ホットパックのおススメするポイントは3つあります。

 

①表面だけでなく、深部の血流まで改善してくれる

②筋肉の緊張が緩和する

③リラックス効果(副交感神経優位)

 

それでは、ホットパックで具体的にどこを温めればよいのかベスト3を発表します。

 

①胸椎 

②仙骨 

③お腹

になります。

 

というのも、こらら3つの共通点は自律神経のセンサーが集まっている所なので、温めてあげると

副交感神経が優位になりやすく血流も良くなり、筋肉も緩みやすくなるからです。

1821386

更には、循環障害(血流が滞っている)による痛みにも、血流が良くなることで発痛物質や疲労物

質が流されるので、慢性痛には有効ですよ。

(※急性期は禁忌です、慢性的な症状にのみ有効です)

 

という事で、医療用の湿熱ホットパックで、あなたの悩みである冷え性が改善されますよというお

話でした。

 

これからも皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

余談ですが・・・

 

当院では、自律神経の不調からくる「背中・首の痛み」・「肩こり」の患者さんにもホットパック

をおススメしています。

 

978435

 

というのも、上記に書いたように自律神経のセンサーがあるところを温めてあげるだけでリラック

ス効果が非常に高く副交感神経が優位になるからです。

 

そして、複数個あると背中やお腹を広範囲に一度で温められるのでより効果は実感できるはずで

す。

 

もし本当にお困りの方でしたら、2つ使用をおススメします。(*^-^*)

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP