西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

皆さん、『ナイアシン』とはビタミンB群の1つになります。

 

ビタミンB群というとB1、B12などが出てくるのではないでしょうか?

 

2086352

 

今回は、ビタミンB群の中でもナイアシンがどれだけ重要かをお話していきます。

 

まずナイアシンについて簡単な説明をさせて下さい。

 

ナイアシンとは、ビタミンB3になります。

 

またナイアシンとは総称名になりニコチン酸、ニコチン酸(ナイアシン)アミドに分けられます。

 

そしてビタミンB群なので水溶性になり貯蓄できない栄養素になります。

 

ただ体内で合成できるのですが、極微量になるので外からの摂取が必要になります。

 

それでは、なぜナイアシンがビタミンB群の中でも特に重要視されているかというと、全身の500

以上の酵素の補助として働いているからです。(=補酵素)

 

補酵素とは、エネルギー産生で考えると、三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)が【材料】、

素(消化酵素など)が【大工さん】、補酵素が大工さんの使う【道具】にあたります。

 

462238

そうなると、ナイアシンは500個以上の道具を持っているという事です。

 

凄い事ですよね!!

 

それでは、ナイアシンの重要な働きをみていきましょう。

 

ポイントは3つあります。

①糖質、脂質、タンパク質からのエネルギー産生

②アルコールの分解

③うつや統合失調症などの精神疾患にも有効

 

それでは、3つを細かく見ていきましょう!!

 

まずは

①糖質、脂質、タンパク質からのエネルギー産生

三大栄養素である【糖質】、【脂質】、【たんぱく質】のすべてにおいて、細胞でエネルギーを産

生する時に働く大工さん(酵素)を補助してくれる道具(補酵素)として活躍してくれます。

 

833194

 

三大栄養素をしっかり摂取していても、大工さん(酵素)や道具(補酵素)が無いとエネルギーが

産生できないので重要な働きになります。

 

②アルコールの分解

お酒を飲んだ時に、アルコールを分解する際ナイアシンが必要になります。

 

というのも二日酔いの原因にもなる毒(アセトアルデヒド)を分解する際に大工さん(酵素)の補

助してくれる道具(補酵素)として働きます。

 

アルコールを飲む時は、ナイアシンを含む食材などを意識して補給しましょう。

 

535143-1

 

③うつや統合失調症などの精神疾患にも有効

うつに関係するセロトニン合成(幸せホルモン)にもナイアシンは関わっています。

 

また統合失調症の方は過剰にドーパミンが分泌されますが、働きを抑えてくれるといった事もして

くれています。

 

診断を受けていなくても多くの方が気分の浮き沈みやうつ傾向を感じたことがあると思います。

 

もしかすると、原因はナイアシンが不足している可能性もあるのです。

 

それでは、ナイアシンが多く含まれる食材をみていくのですが、ナイアシンは、自然界で2つの形

態で存在しますので、それぞれみていきましょう。

 

植物性食品には、『①ニコチン酸』として含まれています。

 

そして、落花生、青のり、キノコ類に多く含まれています。

2299276

動物性食品には、『②ニコチン酸アミド』として含まれています。

 

そして、明太子、レバー、しゃけ、煮干しに多く含まれています。

801516

 

この様に、ナイアシンは2種類に分けられるのですが、働き方も違ってきます。

 

そうすると、どちらかだけの摂取だと得られる効果が少なくなります。

 

また、酵素(大工さん)は体内で作れますが補酵素(道具)は体内で作れないのです。

 

そのため、食事などで外から取り入れる必要があるのです。

 

そして、タイトルにあります『ビタミン界のNO2』と言われる由縁は、ビタミンCに次いで二番

目に身体での必要量が多いからです。

758016

ナイアシンは、500種類以上の補酵素として働いているので納得できますよね。

 

という事で、身体に重要なビタミン『ナイアシン』についてでした。

 

これからも様々な角度から皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

下記のインスタは、ナイアシンでもアミドの方です。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

影山鍼灸整骨院(@kmsnaruo0420)がシェアした投稿

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP