西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

皆さんは、朝食や仕事の合間にコーヒーを飲む方も多いのではないでしょうか?

 

コーヒーを飲むとシャッキっとして目が覚めますよね。(^^♪

 

143087

 

これはカフェインによるメリットですがデメリットもある事をご存知でしょうか?

 

今回は、カフェインのメリット・デメリットからどのように腰痛と関係してくるかをお話します。

 

いきなりですが、カフェインが『腰痛』の原因になる可能性があります。

 

その理由を話す前にまずはカフェインのメリット・デメリットからお話ししていきます。

 

まずはメリットから

・眠気覚まし

⇒睡眠物質のアデノシンなどをブロックしてくれる

 

・基礎代謝をあげる

⇒交感神経優位にすることで、心拍数があがり

 代謝がよくなる

 

・集中力が高まる

⇒交感神経優位になることで、集中力が高まる

など

 

082976

 

デメリットはというと

・胃が痛くなる

⇒胃液の分泌を促す働きがあるので 胃を荒らす可能性がある

 

・貧血

⇒鉄分や亜鉛などミネラルの吸収を阻害する

 

・自律神経が切り替わりにくい

⇒体を活動させる交感神経が優位に なりやすいのでリラックスしにくい   

 

その他の働きでは

・利尿作用

⇒尿の再吸収の働きもあるアデノシンを 抑えることで、尿量が多くなります。

 

・血管収縮作用

⇒交感神経が優位になり、血管は収縮に働きやすい

(※インターネット上では、多くに血管拡張と記載されているが・・・)

 

このように見ていっても血管収縮の要因以外で『腰痛』と関係してくる感じは無いですよね。

 

これらは、一般的にインターネット上で言われている要因ですが、実は『腰痛』につながるデメリ

ットが他にあるんです。

 

117816

 

それでは、腰痛につながるカフェインのデメリットとは・・・副腎が疲労する事です。(副腎疲労

症候群)

 

少し分かりにくいと思いますので順を追って説明しますね(^^)/

 

まずは副腎疲労が『腰痛』とどのようにつながるか見ていきましょう。

 

副腎疲労とは、正式な病名ではありませんが、欧米や日本のような先進国で少しずつ認識されはじ

めている症状になります。

 

そもそも副腎とは左右の腎臓の上に乗っている様な形で第12胸椎あたりにあります。

 

重要な役割としてストレスに対抗するためのホルモン『コルチゾール』を分泌する働きがありま

す。

 

img_3484-300x300-1

 

しかし、副腎が疲労してくるとストレスに対抗するコルチゾールが分泌されなくなるのです。

 

更には、副腎への疲労が続くと血流も悪くなり内臓反射といって体の表面にも反応がでてきます。

 

そうすると、副腎がある第12胸椎から腰椎・骨盤にかけての筋肉(腰方形筋など)が緊張していき

ます。

 

3797a50540868f915c16a46c47e68007

 

その結果、腰の筋肉が慢性的に緊張して腰痛として症状がでるのです。

 

副腎疲労が軽度の頃はカフェインで副腎を刺激するとコルチゾールが分泌されて動けます。

 

しかし、副腎の疲労が進行していくとカフェインではコルチゾールが少量しか分泌されなくなって

きます。

 

そのため、カフェインの量を増やしてなんとか戦闘モードにいれて、無理やりコルチゾールを分泌

させるようになります。

 

そうなると、ますます副腎は疲労していきいよいよコルチゾールが分泌されなくなり慢性的な疲労

になってしまうのです。

 

その結果、副腎疲労と関係してくる『腰痛』もセットで付いてくるのです。

 

副腎が疲労していく原因については、別ページで書いていますので是非、読んでみて下さい。

 

という事で、これからも皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP