西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

皆さんの周囲にも成長期に膝が痛くなる【オスグット病】で困っていた方がいませんでしたか?

 

image

 

当院にも、サッカーやバスケットボールなどの部活動で、【オスグット病】に困っている中学生が

多く来院されます。

 

そして、【オスグット病】になる中学生にはいくつかの特徴があります。

 

今回は、その中でも最も多い特徴と原因についてお話します。

 

いきなりですが、オスグット病になる中学生は、『スクワット動作』が正しく取れません。(いわ

ゆるパワーポジション)

 

1453141

 

というのも、スクワット動作をすると特徴として膝を前に突き出すような形になります。

 

こうなると、太ももの前の筋肉ばかりが頑張り過ぎてしまいます。

 

例えば、サッカーやバスケットボールでのDF姿勢では、膝が前に突っ込んでいる状態でプレイし

ています。

 

そして、ストップ動作の時はもっと膝が前に突っ込み、膝でブレーキをかけてしまいます。

 

その結果、太ももの前ばかりが頻繁に使われてしまうのです。

 

この太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)は膝の下の骨に付着しています。

 

そのため、太ももの前が緊張すると付着している所が過剰に引っ張られて損傷して、炎症を起こし

てしまうのです。

 

それでは、なせ膝が前に突き出す使い方をするかというと3つあります。

 

①ハムストリングスが硬い

②足首が硬い

③股関節の使い方がわからない

 

それでは、具体的にどういった事なのかみていきましょう。

 

①ハムストリングスが硬い

膝を曲げていくと、ハムストリングスにストレッチがかかるのですが、硬くなっていると骨盤がハ

ムストリングスに引っ張られて後傾していきます。

 

5f6d67b8b286ccfa62dd2d16de4be051

 

そうなると、膝も前に突き出すような使い方になります。(運動連鎖)

 

②足首が硬い

足首が硬い状態で、膝を曲げていくと脛の前の筋肉がなんとか足首を曲げようとします。

 

そうすると、脛の前の筋肉と太ももの前の筋肉は筋膜でつながっているので、太ももの前の緊張が

強くなります。(筋膜のつながり)

 

③股関節の使い方がわからない

普段より、股関節の位置を正しく把握しておらずスクワット動作において股関節から曲げる感覚が

わからない事が良くあります。

 

img_coxalgia_03

 

こういった学生の特徴は体が全体的に硬く、柔軟性が低下しています。(筋紡錘の感度の低下)

 

原因としては、上記の3つがありますがもう少し細かくみると上半身の影響などもあります。(※

詳しいお話は来院時にはお伝えしています(^^)/)

 

解決策については、別ページでお話していきますね。

 

という事で、これからも様々な角度から皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

 

余談ですが・・・

 

当院では、施術はもちろん【動作改善】にも力を入れています。

 

その【動作改善】の方法の一つに『ホグレル』と言うマシンを設置しています。

 

P4150216-scaled

 

これは、マシンが正しい動作を導いてくれることで自然と正しい動作を身につけるといった事が

出来るのです。

 

西宮市内でも、動作改善マシンを導入している数少ない治療院になります。(^^)/)

 

下記のインスタは、股関節を捉える練習『ヒップヒンジ―』になります。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

影山鍼灸整骨院(@kmsnaruo0420)がシェアした投稿

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP