西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

今回は、当院でも患者さんに良く指導している『みぞおちを丸める』についてお話していきます。

 

まずは、場所ですがツボで言う鳩尾(きゅうび)=みぞおちと考えて下さい。

 

肋骨と肋骨の間の頂点より1センチほど下でオッケーです。

 

0ec8f6f924e9a3f4beee6defa26d7da1-1005x1024-1

 

それでは、なぜ『みぞおちを丸める』必要があるかというとアウターマッスルを劣位にして、イン

ナーマッスルを優位にしたいからです。

 

というのもインナーマッスルは持久力があり体の中心や各関節の近くに位置します。

 

そのため姿勢や関節の動きを安定させるのに重要になります。

 

一般の方であれば、普段の生活で良い姿勢が楽にとれるようになります。

 

また、スポーツをしている方であれば一度は意識した事がある軸ですが、この体の軸を形成するの

もインナーマッスルになります。

 

o0257043513349665048

 

そのため、インナーマッスルを優位にすることはパフォーマンスアップの必須条件にもなるので

す。

 

逆に、アウターマッスルは大きい力を発揮するのには適していますが特徴として疲れやすいんで

す。

 

また、体の中心から離れたところに位置するのでアウターでバランスを取ろうとすると、より筋力

が必要になります。

 

そうすると身体の中心は不安定なのに外側は力ずくで固めた使い方になるので動きにしなやかさが

なくなってしまいます。

 

実際のスポーツ動作において投球動作やキック動作では、みぞおちを固めずに丸めれる必要があり

ます。

 

hqdefault

(※You tubeより引用)

 

一般の方であればぎっくり腰肩こりの予防にもなるのです。

 

それでは、どのようにみぞおちを丸めるかというと・・・その前に、正しい方法を理解するために

「背中を丸める」と「みぞおちを丸める」の違いから説明していきます。

 

978437

 

実際、患者さんにも同じ質問を何度も聞かれますので、皆さんの中でも疑問に感じている方はいら

っしゃるのではないでしょうか。

 

まず、背中を丸めるとは、背骨全体が丸まってしまうので、狭義の体幹部分も崩れてしまいます。

※狭義の体幹とは・・・「腹腔」と言われるお腹の内臓がある空間になります。

 

https3A2F2Fimgix-proxy.n8s.jp2Fcontent2Fpic2F201903012F96958A9F889DE6E3E4E1E0E6E6E2E0E0E2E0E0E2E3EBE2E2E2E2E2E2-DSXZZO4169874025022019000000-PN1-3

 

また胸椎が後弯(丸くなる)して肩甲骨がやや外転します。

 

逆にみぞおちを丸めるとは胸椎は少し丸くなる程度で、肩甲骨がしっかり外転しています。

 

また狭義の体幹部分にあたる胸椎11番から腰椎3番が安定させます。

 

そうすると腰椎4番・5番は自然と安定します。

 

更に、胸の前にある大胸筋やお腹の表面の腹直筋が抜けて、インナーマッスルで体を支える事にな

ります。

 

そして、みぞおちを丸める事で骨盤底筋群と横隔膜が働きやすくなります。

 

また、横隔膜とつながっている「大腰筋」も効くようになります。

 

更には「骨盤底筋群」は股関節を通して「内転筋」「ハムストリング」へとつながっています。

 

そして「横隔膜」は、「腹斜筋~前鋸筋」へとつながっています。

 

img_7820-192x300-1

 

という事は、みぞおちを丸める事が出来ると体幹と上半身・下半身のインナーマッスルをつなげて

効率的に使う事が出来る ようになるのです。

 

それでは、みぞおちを丸めるコツをお伝えします。

 

ポイントは2つあります。

 

1つ目が尾骨の先端を天井に向ける意識をします。

 

764684

 

そうすると、上にある仙骨や腰椎がまっすぐ立ち安定します。

 

ざっくり言うなら、骨盤の後傾誘導になりますが腹直筋を優位ではないですよ。

 

大殿筋下部、ハムストリングス、内転筋後部での骨盤後傾方向に誘導します。

 

2つ目が骨盤のニュートラルが出来ている前提で、肩甲骨の外転を意識します。

shoulder-range-of-motion-extend-02-1024x640-1

 

細かい事ですが、腕の水平内転ではないですよ。

 

腕の水平内転になると大胸筋・三角筋が優位になっています。(※こうなると巻き肩・猫背になるのでNG)

 

あくまでも肩甲骨外転で前鋸筋を優位にさせます。

 

そうする事で、ハムストリングス、内転筋~骨盤底筋群、腹横筋、横隔膜、腸腰筋~腹斜筋、前

鋸筋といった様に下半身から体幹、そして体幹から上半身のインナーマッスルにつながっていくの

です。

 

これらを理解した上で一般的に言われる体幹トレーニングを行うと抜群の効果を発揮します。

 

926683

 

しかし残念ながら、ほとんどの体幹トレーニングはみぞおちを固めるアウター優位のトレーニング

になります。

 

確かに、トレーニング直後は安定する感じがありやった感もあるのですが、実際にトレーニング後

に運動してみて下さい。

 

例えば、前屈や後屈など、可動域が低下しているはずです。

 

また走ると、なんとなく遅くなっているはずです。

 

これは、スポーツにおける最重要筋肉である腸腰筋が働きにくくなっているので足が重くなってい

るはずです。

 

更に、は表面の腹筋群や背筋群が緊張して背骨が動かなくなり固まってしまうのです。

 

パフォーマンスアップにつながる体幹トレーニングとは、トレーニング後に動きが良くなっている

状態になるのです。

 

究極は、どのトレーニング後にも感じてもらえると良いですね。

 

せっかくのトレーニングがトレーニングのためのトレーニングにならないように注意してくださ

いね!!

 

という事で、身体操作で重要になる『みぞおちを丸める』についてのお話でした。

 

これからも皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

下記のインスタは、みぞおちを丸めたり、反ったりの反復したトレーニングになります。

 

 

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP