西宮市で根本改善するなら「影山鍼灸整骨院」

 

前回、「ぎっくり腰」などの強い痛みがある時は、炎症を促進する食べ物には気を付けましょうと

いうお話をしました。

 

今回は、反対の積極的に食べてほしい物をお伝えします。

 

『炎症』を抑える作用のある食べ物を8つ紹介します。

 

①緑黄色野菜

緑黄食野菜の中でも特にアブラナ科の野菜は、抗炎症作用が高いです。

 

アブラナ科の野菜とは、ブロッコリー、キャベツカリフラワー、白菜、チンゲン菜などの野菜のことです。

 

 

また濃い緑色の色素はクロロフィルという成分で、抗炎症作用だけでなく抗酸化作用もあります。

 

862239

 

②果物 

柑橘系の果物に含まれているビタミンC・D・Eは、抗炎症効果があるとされているます。

 

またβカロテンやポリフェノールにも抗酸化作用があります。

 

③青魚

さんま、アジ、いわし、サバ等の青魚にはEPADHAと言われるはオメガ3が含まれています。

 

このオメガ3が炎症物質を抑える効果があるそうです。

EPA(エイコサペンタエン酸) 、 DHA(ドコサヘキサエンサン酸)

 

048152

 

④亜麻仁油・えごま油

αリノレン酸にはEPA・DHAと言われるオメガ3が含まれています。

このオメガ3が炎症物質を抑える効果があるそうです。

 

⑤豆類

大豆の代表的な成分イソフラボンには抗炎症効果があり、サポニンには抗酸化作用の効果がありま

す。

 

⑥ナッツ類

クルミなどに、抗炎症性のオメガ3、抗酸化物質、ビタミンEが含まれます。

 

これらは炎症物質を抑える効果があるそうです。

 

⑦スパイス

しょうが、にんにく、唐辛子などのスパイス、薬味には抗炎症作用、抗酸化作用があります。

(※ただし唐辛子は慢性炎症にのみ摂るように)

 

556856

 

以外に身近にあるもの食べ物で炎症を抑えることが出来るんです。

 

ただし、炎症を抑える食べ物を取る事よりも、炎症を促進する食べ物は取らない事の方が重要なん

ですよ!!

 

マイナスの要因を減らした状態でプラスの要因を増やす事で効果がより発揮されます。

 

という事で、2回に分けて『ぎっくり腰』などの急激な強い痛みがある場合に食べてほしくない物

と、積極的に食べてほしいものをお伝えしてきました。

 

今回は、急激な強い痛みに絞ってお話をしましたが本当は、普段から意識して食べて欲しい物と食

べて欲しくない物でもあるんですよ。

 

あなたが気付いていないだけで体のどこかで慢性的に炎症が起きている可能性もあるので、症状が

なくても普段から食事を意識してみてくださいね(^^)/

 

という事で、これからも皆さんのお役に立てる情報を発信していきますね!

 

 

余談ですが・・・

当院は、施術の中で【食事・栄養】を指導することがよくあります。

 

というのも、スポーツをされている方も多く来院されているのですが、大会や試合などの期限に間

に合わす必要がある事がよくあります。

 

そういった患者さんが多くおられた事もあり何とか良い状態で、退会や試合を迎えて欲しいという

思いから食事・栄養にも力を入れるようになりました。

 

その成果もあり、以前より肉離れ・捻挫などの復帰期間は早くなっていると感じています。

 

これは、スポーツだけでなくお仕事に復帰されるためにも重要なので、一般の方も意識してみて下

さい。!(^^)!

 

ぎっくり腰を早く治すには、○○を食べよう!! | 西宮の整骨院なら慢性痛スポーツ障害も最短1回で痛みを解消する影山鍼灸整骨院 (kms-naruo.com)

西宮市の整体なら「影山鍼灸整骨院」 PAGETOP